minimum universe | home | gallery | mobile | profile | contact | links | blog | Instagram |

2017年04月28日

ディック・ブルーナ展とくまのがっこう展

picture386.jpg今日はとても暖かいですね。

昨日は松屋銀座で開催されている「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展と「誕生15周年記念 くまのがっこう」展に行って来ましたよ!

ディック・ブルーナさんは残念なことに2月16日に亡くなってしまいましたね。
とても好きな作家さんで、あれだけシンプルなタッチで描かれているのに見るたびに新しい発見があるのですよ。

僕がブルーナさんの作品を意識して見るようになったときには、すでにブルーナさんはおじいちゃんでした。
優しげなお顔をしたおじいちゃんが、こんなにも可愛らしい絵を描くなんて、とても素敵だと思いましたヨ。
あと、お仕事をする事務所まで自転車で毎日通勤していることに今も憧れがあるなぁ。

今回の展覧会では、デザイナー時代の作品から絵本作家時代まで、沢山の作品が見ることが出来ます。

デザイナー時代から一貫しているのが、どの作品も本当にシンプル!

デザイナー時代と絵本作家時代の作風の大きな違いは、アウトラインの線があるなしが大きな違いかな(もちろん、デザイナー時代にも線を使っている作品はありますが)。

この展覧会は開催期間が短いので、忘れないうちに慌てて行ったのですね。
昨日、松屋銀座の8階に到着して驚いたのが「くまのがっこう展」もやっていた…!

それぞれ大きめな面積のグッズ売り場もあって、なんというか、8階全体がカオス!
少しでも気を抜いたら、お財布の中をスッカラカンにして家に帰っていた…!という事態になりかねませんよ。
いや、ホントにあの場所は危険です。一瞬で身ぐるみを剥がされかねないです。

とにかく、普通、こういった展覧会って開催時期を一緒にしないのでは…?と少々困惑しつつ、「誕生15周年記念 くまのがっこう」展も観ました。

「くまのがっこう」の絵本の原画を中心に展示されているのですが、驚いたのがマーメイド紙のようなザラッとした紙に水彩でさらっと描いていて、絵にとても透明感があるのですね。
クマさんの茶色など、もっと色を塗り重ねているのと思っていました。

そうそう、今回の2つの展覧会は、ブルーナさんが男性で、「くまのがっこう」の絵を描かれるあだちなみさん女性ですね。

ブルーナさんの絵にも憧れがあるけれど、女性の描かれる柔らかい絵にも別の憧れがあります。

女性の方は絵の仕事をしていない方でも、さらっと描いた落描きみたいな絵にも魅力があるのですよね。

特に線の描き方で思うのですが、あの女性の描かれる柔らかい線は僕には描けない。
お化粧の技術が絵に生かされているのでは…!と、以前に考えたのですがどうでしょう?

単純に男性と女性の脳の違いですかね?
posted by michi at 15:19 | Comment(0) | art
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 [必須入力]

メール

URL

コメント [必須入力]

| Home | Gallery | Mobile | Profile | Contact | Links | Blog |


当サイトで使用している画像の無断転載・複製などの行為は固く禁じます。
Copyright (c) michiaki yasuda All Right Reserved.

rss RSS - facebook Facebook - behance Behance - Instagram Instagram